サイトメニュー

メスを用いない美容整形

女性

確実性と持続性のある部分痩せ

ボトックス注射はエラが張っていて小顔になりたいと願っている人から注目を浴びており、プチ整形の代名詞にもなっています。その特徴は、美容整形であっても一切メスを用いないことにあります。メスを用いないため、手術をすることもありませんし、当然抜糸などもありません。せっかく美容目的のために美容整形を行っているのに美容を損なう手術痕が残ってしまっては元も子もないでしょう。ボトックス注射は注射針の痕くらいですが精々赤く腫れてしまう程度で一日もあればきえてしまいます。当然のことながら、手術痕もありません。そして、メスを用いず注射のみであり、その注入液は副作用が少なく、あったとしても重症化しにくいものです。手術ミスというリスクを背負わないで済むので利用する人の精神的負担が極めて少ないのもこの施術の特徴だと言えるでしょう。また、コストもほぼ注射器のみとなるため、費用も美容整形のなかでも比較的安いです。小顔で使う場合、エラの部分に数本の注射を打つほどで済み、1本あたり1万円前後、トータルで5万円前後が一般的な費用だと言われています。そのため、お金の自由があまりない若い世代から中高年まで、幅広い世代から利用されている美容整形だと言えます。

顔のエラを小さくさせるボトックス注射のメリットとして、成功率の高さを挙げられます。ダイエットの一環として利用されるケースが多いですが、そのダイエット自体は苦しい運動や食事制限のせいで途中で断念してしまう人がほとんどです。しかし、ボトックス注射は注射を施すだけで、後はいつもと変わらない日常生活を送るだけで小顔になっていきます。苦しいことをする必要も、何か特別なことをする必要もないのです。その手軽さから、日々忙しく働いている女性も利用するケースが少なくありません。その効果時間は施術してからおおよそ半年間は持続すると言われており、その間ゆっくりと変化していくわけです。そこで気になるのが、実際に効果があるかどうかでしょう。実際に、小顔マッサージやエステなどに通ったけど目に見える効果を実感できなかった人は少なくありません。しかし、ボトックス注射は医学的見地から導き出された美容整形であり、注入したエラの筋肉を弛緩させることでその筋肉を細らせていくわけです。このようにボトックス注射は持続性と確実性からかなり成功率の高い部分痩せとなっているため、今まで小顔のダイエットに失敗し続けたという人こそ利用するべき施術法だといえるでしょう。